マイクロサイエンス ホームに戻る MCH式 養豚廃水処理施設 ゲンデルホンマ1号 ゲンデルホンマ3号 会社概要 マイクロサイエンス


MCH式養豚廃水処理施設

MCH式養豚廃水処理施設

シンプルで使いやすいシステム。しかも、ローコストが魅力です。


[当社施設の紹介] 


当社施設の紹介
MCH式養豚廃水処理施設には2つのタイプがあります。
 当社の養豚廃水処理施設は、廃水の処理目的により放流タイプ(MCH-BU-H型)と液肥化タイプ(MCH-BU-K型)の2種類があります。
 農家さんのご事情に応じて、どちらかのタイプをお選びいただけます。

■A.放流タイプ(MCH-BU-H型)
 高い濃度の有機物を含む養豚廃水を分解・浄化し、最終的には河川への放流が可能なまでに浄化します。また、処理水は、豚舎の清掃用水として使用できます。

■B.液肥化タイプ(MCH-BU-K型)
 糞尿に含まれている窒素などの肥料成分を完全に分解・浄化せずに、肥料としての効果を残した状態で浄化を停止し、液肥として利用するための施設です。糞 尿臭やアンモニアの強い刺激臭は完全に除去されますので、野菜や果樹、酪農家の飼料畑用の液肥として最高の効果を発揮します。

■"MCH式 養豚廃水処理施設はすべてオーダーメイドです
 当社の処理施設は、農家さんの経営規模、立地条件、糞尿の質と量、処理目的などのあらゆる条件を勘案した上で、その農家さんにとって最適かつ効果的なプ ランをご提案いたします。例えば、経営規模が50頭一貫の養豚農家さんであっても、立地条件の違いや処理目的によって設計は大幅に変わることになります し、設置費にも大きな差異が生じます。その意味で、当社の施設はまさにオーダーメイドであるといえます。